花ほっかいどう

ホーム > はなトピ > ウィークリーフラワー > 【8月第2週】 ヒマワリ


●品名
ヒマワリ
●花言葉
崇拝 憧れ あなたを見つめる 光輝
●有名な産地
砂川 長岡良治さん
●主な産地
砂川
●鑑賞名所
雨竜町 ヒマワリの里
●名前の由来
 日廻り 太陽を追って廻る意味。
●咲く時期
7月から8月
●どのように咲くのか
丸い大輪の花を咲かせる。
●品種について(新品種情報など)
主に切花として流通しているのは、サンリッチオレンジ、サンリッチパイン、サンリッチレモンなどです。 変わった品種としては、ゴッホやモネなどの八重咲きのものや、ココアなチョコブレンドなどの茶色のもの、ジェイド(薄いグリーン系の色)、ジョーカー(花びらの中心部が茶色)などがこの夏流通しています。

●花にまつわるエピソード(歴史など)
インカ帝国では、太陽の花と呼ばれ金細工などによくひまわりが多く画かれている。またフランスのルイ14世もヒマワリをとても好んでいて太陽王と呼ばれていた。

●使われ方
祝いの花カゴやアレンジメントなどに使われます。