花ほっかいどう

ホーム > はなトピ > ウィークリーフラワー > 【7月第5週】 オリエンタルハイブリッドユリ


 

●品名
オリエンタルハイブリッドユリ
●花言葉
純潔・無垢
●有名な産地
北海道では当別町が有名です。
●主な産地
当別町・新篠津村・由仁町・洞爺湖町
●鑑賞名所
オリエンタルハイブリットユリとアジアンティックユリなど、全部見られるのは、百合ヶ原公園です。

●名前の由来
東洋 オリエント 西洋 オチデント ハイブリット アジアンティックハイブリットとオリエンタルハイブリットがありアジア原産(日本を含む)を主に品種改良したのがアジアンティックに対し日本原産を主に作られたのがオリエンタル。

●咲く時期
北海道では7月下旬から
●どのように咲くのか
上向き咲き・横咲・下向き咲き
●品種について(新品種情報など)
最近では、ピンクのシーラが人気が出ていていますが、栽培用の球根が少なくて北海道でも一定にでてこなくなかなかお目にかかれないが、上品なピンク色がとても良いと評価されています。

●花にまつわるエピソード(歴史など)
江戸時代末期シーボルトによってヨーロッパへ渡り品種改良が行われ、種間雑種の系統で現在の形となった。日本原産のユリは15品種あり、ヤマユリ・ササユリ・カノコユリ・オトメユリが代表される。和名のユリは「花が揺り動く」「寄り合う」などからの説はあるが、はっきりしていない。

●使われ方
とてもインパクトのある花なので、アレンジや花束の主役的お花になるお祝いからお供えまで幅広く使われます。

 ●香り・見た目などの特徴
全体には香りの物が多く、中でもカサブランカが香りが強い。

 ●主に飾る場所・長持ちの秘訣
香りが強い物が多いので食卓やお見舞いにはタブー
 
 ●どういう人に贈るのか
ユリの香りは好き嫌いが激しいので、出来れば送る相手に事前に確認を取って方が無難です。
 ●主な販売価格帯
今の時期はとてもリーズナブルです。
200円から800円くらい
カサブランカなどは現在も高値になる事が多いです。数ある花の中でも、このカサブランカは名前指定でお求めになるお客様が多く、それだけ知名度も高い花です。

 ●その他
オランダ国際球根協会が毎年開催しているもっともユリの似合う女性 Ms.lily の歴代受賞者とその時のユリをご紹介します。
第一回 2002年 黒木瞳さん カサブランカ
第二回 2003年 川原亜矢子さん ソルボンヌ
第三回 2004年 常盤貴子 イエローウイン
第四回 2005年 桃井かおり ティアラ
第五回 2006年 木村佳乃 リアルト
第六回 2007年 米倉涼子 ビビアナ